森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

手毬花

2021.06.11

銘『手毬花』

 

 

紫陽花の異名

四葩、四片、七変化、八仙花

長明寺さくら餅

2021.03.31

さくら餅。

長明寺さくら餅。

江戸の頃より、さくらの名所、隅田川のそばにある

長明寺というお寺の門前で

塩漬け桜葉で包んだお餅をお土産物として売られていました。

このさくら餅の由来です。

 

 

 

 

 

こし餡を、小麦粉製の皮で包みます。

 

 

 

 

 

隅田川香合。

上部に付いているハジキを川にかかる橋に見立てます。

柳に人物に船。

 

 

 

 

形物香合番付

西方四段目、染付。

釣り釜

2021.03.19

釣り釜。茶室に田舎家の風情を。

 

 

桜前も開花。

 

 

寒中の茶室

2021.01.24

広口釜。寒い折にはふわぁ~と立ち昇る湯気もご馳走。

茶室の中が温かさに包まれます。

 

 

 

 

 

『渓梅一朶香』(けいばい いちだ かぐわし)

 

山奥の渓谷にある、一枝の梅が、香しく花をつけている。

人知れずとも、一生懸命な自然。われわれもかく在れ。

 

初釜懐石料理

2019.01.25

本年も無事に社中の初釜を終えました。

お弟子さんが上手に懐石の写真を撮ってくれました。

 

 

 

 

手前味噌で申し訳ないのですが

皆さん毎年楽しんでくれます。

花びら餅も大成功!!!

午房が長めでしたがご愛敬で(笑)

♡洋菓子♡

2016.03.02

茶道教室、日本の文化ですので和菓子。

当教室の主宰者である私は、雑食派ですので洋菓子も大好きです。

シュークリーム

パンのみみ利用の抹茶ラスクとカスタードと生クリームのWシュー(*^_^*)

教室では時々私の先導で(笑)洋菓子談義も始まります。

はたしてそういった洋菓子はお抹茶に合うかしら?

番外編とういことで、時々お出ししたり、お土産にお手渡しさせて頂いたり。

次は何を作ろうかしら~

国際貢献

2015.10.26

カナダから仕事でお越しのピーターさんに、茶道を体験してもらいました。

ピーターさん訪問

少しでも、茶道を、日本を感じて頂きたく

ミニ点心をご用意いたしました。

蓮根じょうよ蓮根じょうよ2

お箸の使い方がお上手で、自国のご自宅でも日常的に使っていらっしゃるそうです。

まずはお炭をつぎましたが、その際の湿し灰の効用を説明いたしましたり、

ひる釘へのご質問も飛び出し、穏やかで朗らかなご性質のピーターさん、

楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

 

お祝いごと

2015.06.07

ちょっとおめでたい事がありました。

最近はこういったグッズが登場するようで羨ましいです。

リングぴろー

見事に出帆した二人。

末永く仲睦まじく、助け合っていくよう

 

マンゴープリン

2015.04.06

カテゴリーの整理をしました。私の日常も少し紹介します。

 

 

マンゴープリンを作りました。

缶詰の果肉とシロップ、ヨーグルトに練乳、ゼラチンで固めて完了。

美味しい!!!と巷の声。

マンゴープリン2

病みつきになりそうです。

 

 

 

 

古田織部

2015.01.18

利休に、私の後に天下一宗匠になるものは古田織部、と言わせしめた

古織公の展観が銀座のデパートであります。

会期の終わりが目の前だというのに、大勢の展観者でにぎわっていました。

699b0cfdd752396aab5c0836d69830ca[1]

他の模倣ではなく、独自の感性から生まれた器。

それらが利休に「織部殿」と言わせしめた所以を表しています。

400年経った今でも人々に愛されるその造形はあっぱれです。

過去記事一覧