森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

♡洋菓子♡

2016.03.02

茶道教室、日本の文化ですので和菓子。

当教室の主宰者である私は、雑食派ですので洋菓子も大好きです。

シュークリーム

パンのみみ利用の抹茶ラスクとカスタードと生クリームのWシュー(*^_^*)

教室では時々私の先導で(笑)洋菓子談義も始まります。

はたしてそういった洋菓子はお抹茶に合うかしら?

番外編とういことで、時々お出ししたり、お土産にお手渡しさせて頂いたり。

次は何を作ろうかしら~

国際貢献

2015.10.26

カナダから仕事でお越しのピーターさんに、茶道を体験してもらいました。

ピーターさん訪問

少しでも、茶道を、日本を感じて頂きたく

ミニ点心をご用意いたしました。

蓮根じょうよ蓮根じょうよ2

お箸の使い方がお上手で、自国のご自宅でも日常的に使っていらっしゃるそうです。

まずはお炭をつぎましたが、その際の湿し灰の効用を説明いたしましたり、

ひる釘へのご質問も飛び出し、穏やかで朗らかなご性質のピーターさん、

楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

 

お祝いごと

2015.06.07

ちょっとおめでたい事がありました。

最近はこういったグッズが登場するようで羨ましいです。

リングぴろー

見事に出帆した二人。

末永く仲睦まじく、助け合っていくよう

 

マンゴープリン

2015.04.06

カテゴリーの整理をしました。私の日常も少し紹介します。

 

 

マンゴープリンを作りました。

缶詰の果肉とシロップ、ヨーグルトに練乳、ゼラチンで固めて完了。

美味しい!!!と巷の声。

マンゴープリン2

病みつきになりそうです。

 

 

 

 

古田織部

2015.01.18

利休に、私の後に天下一宗匠になるものは古田織部、と言わせしめた

古織公の展観が銀座のデパートであります。

会期の終わりが目の前だというのに、大勢の展観者でにぎわっていました。

699b0cfdd752396aab5c0836d69830ca[1]

他の模倣ではなく、独自の感性から生まれた器。

それらが利休に「織部殿」と言わせしめた所以を表しています。

400年経った今でも人々に愛されるその造形はあっぱれです。

古都で育まれた和の心

2015.01.08

DSC_0127

襖絵作家さんの展示会に伺いました。

DSC_0131

コレド室町3 千葉銀行ひまわりギャラリーにて開催中です。

DSC_0128DSC_0126

作家さんは私の高校の先輩です。部活の先輩でしたが、金沢美大の進学を目指して

早い時期に部活をリタイヤ。金美にて日本画を学ばれ、現在は関東に在住です。

DSC_0125

久しぶりの再会でしたが、先輩とは通じるものがあり
興味の方向と、古都で受けた刺激が、人生を、

割り合い同じベクトルに導いてくれているようです。

私からは興味の尽きぬ質問攻め。先輩からも茶道への話題を振って頂き

特技のおしゃべりがさく裂しました。

DSC_0129DSC_0130_A

こちらは変わり種。アルゴリズムという数式で、工学部の教授がデザインをおこし

レーザーで成形されたそうです。惹きこまれるような作品でした。

和室、畳の部屋がない、あっても障子や襖がロールスクリーンや洋風の開口になっているお宅は多々あり

我が家ももれなくそういった箇所も見られます・・・・・

温もりある手書きの襖絵に囲まれた部屋で生活する時代は、よみがえることはないのでしょうか。

かろうじて茶道は、儀式的、遊芸的側面はありますが、数百年続く日本の生活様式を

現在においても体感する事の出来る、稀有な存在だと実感いたしました。

加賀料理

2015.01.07

DSC_0115

私の故郷金沢では正月料理に欠かせない大根寿司です。

大根寿司は蕪寿司の庶民版です。

蕪寿司は、蕪と鰤の切り身を、麹で漬けた寿司という名の漬物です。

私の友人曰く「漬物のダイアモンド」だそうです。

婦人雑誌の著名人のお取り寄せ特集でも、しばしば登場する一品です。

DSC_0091

大根寿司は、大根と身欠き鰊を麹で漬けます。ぐっと庶民的な食材になります。

各家で工夫があり、身欠き鰊を、鯖や、鮭に変えて漬けていたり、柚子の皮の千切り、切り昆布、唐辛子等も

一緒に入れて漬けこんだりします。

初茶会では、茶懐石におけるお正月料理というよりも、加賀料理でのお祝い膳の予定です。

絽の着物

2014.08.27

ここ2~3日は猛暑から解放され涼しい日が続いてます。
広島や各地で豪雨の被害に合われた方々には心からお見舞いを申しあげます。

茶道における日常着は和装です。装いの決まりが少しばかりありまして、おおよそそのように
心掛けて着ております。

7月と8月に着る着物の生地に、絽織というものがあります。
平織に絽目を入れて透け感をだして織られています。
昨日の朝の天気予報では、日中の最高気温が9月下旬並と報道されており
絽の着物では寒いかしら、と懸念しましたが心配はいりませんでした。
炭を熾した風炉前は暑かったです・・・・・

和装の季節における決まりごとは明治になってからできたものだそうです。
人様に茶道をお伝えする私は、家元に倣って踏襲しておりますが
若い方はまずは和装に親しむために是非、普段は自由にお召しになって下さいね。

過去記事一覧