森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

花びら餅

2015.01.14

茶家のお正月のお菓子に欠かせない「花びら餅」です。

6e05205858c5e6e0a22787e743399074[1]

京都の白味噌と赤だしで練った味噌餡を、白玉粉で作った求肥で包みます。

甘く煮た牛蒡が、お味のアクセントです。我が家では私の手作り。

このお菓子は宮中に由来があります。

「歯固め」と言われる長寿を祝う儀式で食される菱花びら、と言われるお餅は、丸くて白いお餅を何段か重ね

次に赤いひし形のお餅を何段かその上に重ね、味噌を塗、干した鮎をのせるという形です。

お菓子というよりも、強肴でしょう。それ故、味噌と、鮎が後に牛蒡になって使われたのです。

裏千家11代玄々斎が宮中にてお献茶した事より、茶家のお菓子として出されるようになりました。

 

 

 

 

 

新年になると、東京のデパ地下の主だった和菓子屋さんが、このお菓子を提供してくれます。

ほとんどの場合は、1月の中旬ごろまでの販売でしょうか。

友人のご主人は、私の花びら餅は召しあがって下さるそうです。

過去記事一覧