森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

花をのみ 待つらんひとに 山里の

2015.01.24

利休の茶道の世界感を表わした短歌があります。

「花をのみ 待つらんひとに 山里の 雪間の草の 春をみせばや」

寒中、雪が積もる大地は、一面真っ白で無の世界のようですが

その下には、確実に春の息吹が芽生えています。

afcfb7258c2fe1c7e90a51f31b66f37e[1]

銘「下萌」

侘び、寂びから想像する寒む枯れの中にも、一条の光りが暖かい期待感を感じさせる

爽やかさを表したい。無から有が生まれるのでしょうか。

9244709d38639d0854c09462d05f06a5[1]

中は黄身餡です。早くここにも春が来ないかしら。

過去記事一覧