森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

開炉

2015.11.12

平安時代より宮中では、旧暦10月の最初の亥の日に炉を開いたそうです。

またその日には、「亥の子餅」という儀式が行われました。

新穀でお餅をつきます。それを食して無病息災を祈ります。

賜り物として禁裏や将軍、領主らに授けられました。

 

これにならい、茶家でも「亥の子餅」を開炉のお祝い菓子として

茶席でもお出しします。

亥の子餅

今年の旧暦10月の初の亥の日は、11月19日です。

また利休居士は、開炉は「柚子の色づく頃」と言われていたそうです。

 

十二支の亥は猪の事。亥は五行説でいう水の卦です。

またイノシシは火難にあわない、嗅覚や臭覚がすぐれているそうで

山で火事がおこるときは、一目散に逃げることが出来るのでしょうか。

 

木造建築であり、これといった消火の方法がない時代においては

火という禍から逃れるための、ゲン担ぎだったのでしょうね。

 

 

 

 

 

過去記事一覧