森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

晩秋から初冬のお菓子

2016.12.22

晩秋の定番お菓子や、初チャレンジ物等、作りました、作りました。

 

銘「木枯らし」小豆餡できんとんを作ってみました。

氷餅で寒風を表してみました。

%e6%9c%a8%e6%9e%af%e3%82%89%e3%81%97

 

 

 

「黄身しぐれ」表面の模様を、秋から冬に移るころのしぐれた空模様に喩えての命名です。

よって、晩秋のお菓子です。

%e9%bb%84%e8%ba%ab%e3%81%97%e3%81%90%e3%82%8c

 

 

 

銘「椿」そのままのネーミングです。この形は愛らしい?ポケモンのキャラクターみたい?

%e6%a4%bf

 

 

 

「蕎麦薯蕷饅頭」赤穂浪士は討ち入り前の相談を蕎麦屋で行ったとか。

秋に収穫した蕎麦粉を使う、晩秋から初冬のお菓子でしょうか。

%e8%95%8e%e9%ba%a6%e8%96%af%e8%95%b7%e9%a5%85%e9%a0%ad

 

 

 

こちらはお遊びで。

「柊・杖」ですね。

%e3%83%92%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ae

 

 

 

 

銘「団らん」クリスマスイブの夜、ツリーを囲んで家族や愛しい人と

食事を楽しむ、そんな夜を思い描いて命名してみました。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

 

 

 

銘「聖夜」ホワイトクリスマスをイメージしました。

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9

 

過去記事一覧