森宗恵茶道教室は、栃木県小山市の裏千家茶道教室です。お茶の道を、もっと気軽に、身近なものに。

春はピンク多し

2017.03.30

春のお菓子はピンクが多いです。

 

 

 

 

「誰袖」こなし製。

白こし餡に小麦粉を混ぜ合わせ、蒸します。出来上がりを練って生地を仕上げます。

食感がもっちりした感じになりますよ。

 

 

 

 

「胡蝶」ひらひらしたイメージを出してみました。

ういろう製です。

 

 

 

 

 

「春山」少しづつ緑が増す向山です。

 

 

 

 

 

「わらび餅」大定番の、得意なお菓子です。こし餡を包んで食べかいがあります。

本わらび粉でとろけるようです。

 

 

 

 

 

「佐保姫」奈良の都の東の山には、春の女神が住んでいるそうです。

その名も佐保姫。ロマンチックな古人ですね。

 

 

 

 

 

 

「ひとひら」桜は花びらも絵になります。

 

 

 

 

 

 

「春野」菜の花のイメージです。

菜の花は四角ではありませんが、色使いで感じてもらいます。

 

2月のお菓子

2017.02.22

今月は梅、のお菓子が続きました。

 

 

 

 

銘「雪中梅」立春が過ぎても寒い日が多かったですね。

ようやくほころび出した梅に雪がはらはらと。

雪中梅

 

 

 

 

 

銘「光琳梅」

笑っているような梅です。

光琳梅

 

 

 

ほんの少し手を変えるだけですが、違うイメージを作れます。

 

 

 

 

 

銘「うぐいす餅」

うぐいす餅

両端を少しだけ尖らせます。

 

 

 

 

 

バレンタインにはこんなお干菓子で。

バレンタインすはま

 

 

 

 

丁酉 平成29年 宜しくお願いします

2017.01.11

「住吉蒔絵平棗」輪島塗

お約束は、お社、鳥居と、太鼓橋。

%e5%b9%b3%e6%a3%97%e4%bd%8f%e5%90%89

%e5%b9%b3%e6%a3%97%e4%bd%8f%e5%90%89_%e9%b3%a5%e5%b1%85

バックシャンな棗です。

 

 

「酉香合」

%e9%b6%8f%e9%a6%99%e5%90%88

鳥居の形は、天岩屋戸で鳴いた鶏の止まり木に由来するそうです。

 

 

 

お正月のお茶席で供される「花びら餅」です。

菱花びら_2

今では菓子の分類になっていますが

宮中では健康を祝う「歯固め」の儀式の際の強肴でした。

丸く平たくしたお餅の上に、味噌を塗り干した鮎をのせたものだったと

資料で読んだことがあります。

菓子としての「花びら餅」は鮎が午房に代わり味噌餡と一緒に求肥仕立ての生地で包んであります。

晩秋から初冬のお菓子

2016.12.22

晩秋の定番お菓子や、初チャレンジ物等、作りました、作りました。

 

銘「木枯らし」小豆餡できんとんを作ってみました。

氷餅で寒風を表してみました。

%e6%9c%a8%e6%9e%af%e3%82%89%e3%81%97

 

 

 

「黄身しぐれ」表面の模様を、秋から冬に移るころのしぐれた空模様に喩えての命名です。

よって、晩秋のお菓子です。

%e9%bb%84%e8%ba%ab%e3%81%97%e3%81%90%e3%82%8c

 

 

 

銘「椿」そのままのネーミングです。この形は愛らしい?ポケモンのキャラクターみたい?

%e6%a4%bf

 

 

 

「蕎麦薯蕷饅頭」赤穂浪士は討ち入り前の相談を蕎麦屋で行ったとか。

秋に収穫した蕎麦粉を使う、晩秋から初冬のお菓子でしょうか。

%e8%95%8e%e9%ba%a6%e8%96%af%e8%95%b7%e9%a5%85%e9%a0%ad

 

 

 

こちらはお遊びで。

「柊・杖」ですね。

%e3%83%92%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ae

 

 

 

 

銘「団らん」クリスマスイブの夜、ツリーを囲んで家族や愛しい人と

食事を楽しむ、そんな夜を思い描いて命名してみました。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

 

 

 

銘「聖夜」ホワイトクリスマスをイメージしました。

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9

 

秋の和菓子 その2

2016.11.22

秋にはぜひ作りたいお和菓子。

「万寿菊」小豆こしあんを求肥皮で包んで氷餅をまぶします。

 

%e4%b8%87%e5%af%bf%e8%8f%8a

 

 

「山路」移り行く季節を探した山道。

%e5%b1%b1%e8%b7%af

 

 

 

銀杏の木々も葉をおとし黄色いじゅうたんが美しいです。

 

%e9%8a%80%e6%9d%8f

花をたて香をたき 

2016.07.23

千利休の秘伝書として伝わる「南方録」には

”水を運び薪を取って湯をわかし、茶をたてて仏に供え人にも施し我も飲むなり。

花をたて香をたき 皆々仏祖の行いのあとを学ぶなり”とあります。

(「南方録」には諸説ありますがまた次回にでも)

香の香りを楽しむことを「聞香」といいます。

 

聞香炉_2

茶道で使う聞香セット。

白い香炉には火のついたたどんを埋め、灰を整えて、銀葉(雲母)をのせてその上に

小さな香木をそっと添えます。

 

沈香_2

沈香

ビャクダン

白檀

 

もちろんそれぞれ成形されたものです。

 

聞香

香りが逃げないように手で覆い、静かに呼吸をして聞きます。

体験してみません。

クリックhttp://www.morisoukei.com/news/706

 

 

 

 

★★★ 初秋の茶会~~聞香体験~~ ★★★

2016.07.14

≪初秋の茶会~~聞香体験~~≫

聞香とは、お香の香りを楽しむことです。

茶道ではお花をいけ、香をたき、炭を整えお客様をおもてなしします

 

お香の香りを楽しみ、お茶を飲んでみませんか。

おいしい和菓子とお抹茶、おしのぎをご用意してお待ち申し上げます。

 

【日時】    平成28年9月4日(日曜)

        11時00分~15時00分

【場所】    小野塚イツコ記念館

        小山市天神町2丁目1の18

 

【参加費】   1500円(おしのぎ、お抹茶、お菓子)

        *おしのぎ、とは軽食のことです

お申し込みはトップページの【お問い合わせ】から、メール、お電話でお願いします。

ご質問は随時お受けします。

 

 

 

自慢の「葛焼き」は美味‼

2016.06.22

ういろう製の「カキツバタ」ほんのり紫にしたいのですがお色付けは意のままにならず・・・・

中に入れた小豆こし餡か透けるかげんが陰影を出していて美しい。

カキツバタ

 

 

きんとん製の「四葩(よひら)」アジサイの異名です。

紫陽花

 

 

自慢の「葛焼き」私は中に小豆こし餡を入れます。六方に薄く焼目をつけますが

時間が経つと消えてしまいます。和菓子屋の店頭では見かけたことがありません。

葛やき

 

 

黄な粉を利用した州浜製の「そらまめ」と黄身雲平で「銀杏」

銀杏は千家の家紋です。この黄身雲平は卵ぼーろのような優しいお味です。

州浜・うんぺい

 

 

雲平製の水紋各種(笑)

黄身雲平は卵の黄身を混ぜて型抜きしてから低温で焼きます。

こちらは砂糖・水・水あめで練るだけ。同じ雲平と名がついても別の食感です。

水紋

 

稽古のお菓子はほぼ手製。

他所で頂くお菓子のありがたみが身に染みてわかります。

★★★ 随時  生徒募集 ★★★

2016.05.23

~~~日本の伝統文化が見直されています。一度総合芸術といわれる茶道を体験してみませんか~~~

  初心者の方、お子様も男性の方も、茶道は皆さんのためにあります

 

★★★ 無料の見学・体験 和菓子、お抹茶付き ★★★

まずはお気軽にご連絡をください→連絡先  携帯→09072898549

ご質問もいつでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください→連絡先

 

〈お試しコース〉

 ・三か月間のお試しです。三回/一月ですので、計9回のお稽古を体験できます。

 ・一括前払い32,000円(水屋料込)初回時に納入

  ※火曜・水曜・土曜よりご都合の良い日をお選びください

 ・特典  お試しコースから初級コースにお通いになる方は、入会金を免除いたします。

 

〈初級〉

・稽古日 火曜・水曜・土曜 午後1時30分~午後9時(ご都合のつく時間にお見えください)

     3回/一月

・入会金  10,000円

・月謝    9,000円~(許状の資格により変わります)

・水屋料   7月、12月に各月6,000円

  ※ お月謝は各月初回の稽古日に納めてもらいます

〈四ヵ伝以上〉

・稽古日  第4週 火曜・水曜・土曜(変更有)

・教授料  6,000円/一回(水屋料含む)

  ※ 教授料は稽古時に納めてもらいます

 

  入門から茶名まで各種許状の申請

  裏千家今日庵での訪問行事、講習会、各地での茶会、茶事へのご案内もご紹介できます

 

炉釜コントラスト上げ

1月のお菓子

2016.02.01

1月の茶席でのお菓子は、初茶会の「はなびら餅」からスタートです。

菱花びら_2

宮中の「歯がため」という長寿健康を祝う行事で供されたようです。

丈夫な歯が、健康や長生きには不可欠であることは

平安の人々も周知の事実だったのでしょう。

 

お目出度い新春には「フクジュソウ」が喜ばれます。

春を告げる花として、元日草、朔日草の異名があります。

フクジュソウ_2

 

寒中に、雪の下から蕾を見せ始める梅のイメージで「寒紅梅」

かるかん製で爽やかな口当たりです。

かるかん_2

 

 

春はやはり黄色いイメージです。

浮島と言われるカステラ風のお菓子です。

二層に分けて、下段には小豆を散らしました。

浮島_2